紀宝町共同募金委員会

■赤い羽根共同募金とは

 赤い羽根共同募金は、戦後間もない1947年(昭和22年)に、市民が主体の取組みとして始まりました。
 当初は、戦後復旧の一助として戦争の打撃を受けた福祉施設を中心に資金を支援する活動を行ってきましたが、その後、法律(現在の「社会福祉法」)に基づいて、地域福祉の推進のために活用されてきました。
 社会が大きく変化する中、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、地域福祉の課題解決に取り組む民間団体を応援し、市民のやさしさと思いやりを届ける、「じぶんの町を良くするしくみ」です。

■共同募金のしくみ

◇地域で集めた募金は、集めた地域で使われます。

 住民のみなさんからご協力いただいた募金は、じぶんの住む町のために使われます。
 社会が大きく変化する中、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、地域福祉の課題解決に取り組む民間団体を応援し、市民のやさしさと思いやりを届ける、「じぶんの町を良くするしくみ」です。
 集められた募金の8割は集められた地域で役立てられ、残りの2割は住んでいる市町村の広域的な課題を解決するための活動に、都道府県の範囲で使われます。

◇助成額を定めてから寄付を募る「計画募金」です。

 地域ごとの使い道や集める額を事前に定め、助成計画を明確にし、住民のみなさんのご理解とご協力をお願いしています。

※紀宝町の目標額(令和3年度)⇒1,807,700円
※紀宝町での募金の使い道(令和3年度)⇒
 ①ふれあいいきいきサロン事業
 紀宝町内20か所で活動するサロン活動を応援しています 。
 ②子育て支援事業
 紀宝町内の子育て世代の居場所作りを応援しています。
 ③配食サービス事業
 1人で生活されている高齢者や、高齢者世帯にお弁当を届けています。
 ④地域福祉活動事業
 お互いさん、ひきこもり支援事業など。
※募金運動の時期⇒10月1日~12月31日(井田地区⇒5月に実施)


■共同募金への参加

◇戸別募金

 各家庭を対象とした募金で、自治会を通じてご協力いただいている募金です。

◇法人募金

 紀宝町の法人・企業・事務局を対象にご協力をいただいている募金です。

◇街頭募金⇒新型コロナウイルスの影響で、今年度は実施しない。

 スーパーなど、人の集まる場所で募金をお願いしています。共同募金委員会の委員が中
心となり街頭募金活動を実施しています。

◇職域募金

 法人(企業)・市役所・学校などの職域内で、社員や職員に募金のご協力をお願いしています。

◇NEWインターネット募金

 令和3年度から実施しました。

・詳しくはコチラ⇓
インターネット寄付システム ご利用ガイド | 赤い羽根共同募金 (akaihane.or.jp)

・インターネット募金はコチラ⇓
寄付金ネット決済システム (akaihane.or.jp)

・QRコード読み取りはコチラ⇓

◇イベント募金

 紀宝町のイベント(みなとまつりなど)にて、募金箱の設置やイベント企画による募金のご協力をお願いしています。

■羽毛製品が募金になる~UMOUプロジェクト~

 ★ 三重県内で令和元年、令和2年2年連続、第1位 ★

 使わなくなった羽毛製品を回収して羽毛をリサイクルさせることで、安定供給や環境の保全、障がい者の就労などに貢献します。さらに、“羽毛製品の募金”の代わりになることで、各市町における地域福祉活動の向上に貢献します。

 ご家庭で不要になった羽毛製品がありましたら、ぜひご協力ください。

詳しくは。。。

三重県共同募金会⇒社会福祉法人 三重県共同募金会 (mie-akaihane.or.jp)

赤い羽根共同募金⇒赤い羽根共同募金 (akaihane.or.jp)