サービス支援体制検討委員会(中間報告を追加しました)

  地域福祉において、町内の高齢者、障がい者等の食生活等の買い物弱者に対し、支援サービスについて行政とタイアップし、サービス支援体制検討委員会を立ち上げ、宅配、配食、買い物支援ツアー、おかずのおすそわけ、便利屋等の総合支援サービスを構築する。

  平成25年5月23日  第1回目検討委員会 開催
                各委員に社協会長から委嘱状が渡されました。
                各事業所(神内・鵜殿・アプローチ)の現在事業内容を担当者から
                説明し、紀宝町の買い物事情について意見交換を行いました。
  平成25年6月26日  第2回目検討委員会 開催
                地域実情を把握するために、サロン等で聞き取りした状況を説明。
                モデル地域を決め、地域内の高齢者の方等、買い物に困っている
                方の実態把握をするためにアンケートを実施すること(対面方式)と
                する。
                また、サロン等へ出向き、事業のPR活動をしていき、サロン等でも
                移動販売を模擬的に実施していくことになりました。
  モデル地域 ・・・ 成川(中村・上地地区)・井田(上野・地下地区)
             浅里地区でアンケート調査を行い、地域の実情を把握する。

  ※移動販売については、9月より、本格的に始動していく予定です。

 ◆中間報告
 ・モデル地区アンケート調査・移動販売車の実施

   今年度の事業計画に基づき、社協では、サービス支援体制検討委員会を設置し、
   7月24日(水)に第3回目の委員会を開催いたしました。
   今回は、買い物支援サービスをテーマに、テストケースで、要望のあった「いきいきサロン」
   に、福祉の店「アプローチ」の移動販売車が出向きました。「こんな機会があったらうれし
   いわ」と大変、好評でした。
   もう一つは、モデル地区を選定し、買い物についての聞き取りアンケート調査も実施し、
   現状の把握を行って今後に繋げようと考えています。

カテゴリー: 1 紀宝町社協全体 パーマリンク